AGAをチェック

世の中の多くの男性を苦しめているのがAGAです。
これは男性型脱毛症のことであり、成人男性がよく発症しています。
思春期以降に額の生え際が後退したり、頭頂部が薄くなるなどの症状があります。
原因としては、男性ホルモンや遺伝などが考えられています。
髪の毛がどんどん抜けてしまい、進行度合いによっては薄毛が目立ちます。
特に若い男性がこの症状にかかってしまうと、大きなストレスを受けてしまい、外出するのが億劫となるでしょう。


日本人の中でAGAの患者は1,000万人以上いるとされています。
その内の8割程度の人がAGAの症状を気にかけており、半数以上の人は何らかの対策を行ったことがあります。
このAGAの大きな特徴は進行性の症状であり、何もケアをしないでいると、どんどん症状が進行してしまい、取り返しの付かない状態となります。
早めにケアをしておけば、抜け毛のスピードを遅らせることができて、上手くいけば完全に症状を治すことも可能なのです。


上記のように、早めに対策を採ることが大切なのですが、そのためには自分がAGAにかかっているのかを知る必要があります。
そのためのセルフチェックを定期的に行うことによって、自分がAGAにかかっていないのか確かめましょう。
AGAにかかると5年程度でも数百本単位で髪の毛が失われてしまいます。
その影響はとても大きいため、AGAについての理解を深めておいて、セルフチェックの方法を学びましょう。
当サイトでは、自分で頭髪をチェックするための方法について詳しく解説しているため、参考にしてください。

Copyright © 2014 AGAのセルフチェックを行おう All Rights Reserved.